« 北仲スクール・アーバンアート論B 「これから生まれる建築と生態のために」(藤本壮介/平田晃久+榑沼範久)講演・対談のご案内|飯尾次郎 | メイン

2010年11月02日

近年とみに、歴史的建造物をさまざまなかたちで「保存」する試みが盛んとなっている。その形式は、現状そのままの「保存」から、アッサンブラージュのような「一部保存」、転用やリノベーション等、さまざまである。このような状況を、具体的事例に即しつつも俯瞰的視点から再考するために、このシンポジウムでは、日本における「建築保存」の特異な2形態──「三菱一号館」と「原爆ドーム」──に焦点を当て、分析と議論を行なう。
現在の日本において「歴史的建造物の保存」が有する、政治的・社会的・文化的な意味を浮上させることが、当シンポジウムの最終的な目的である。


日時:11月11日(木)17:00-19:00
場所東京大学駒場キャンパス|アドミニストレーション棟3F|学際交流ホール
その他:入場無料|事前登録不要

【提題者・レスポンダント】
中谷礼仁(早稲田大学准教授)
「保存とは何か──建築における生と死とを考える」

【発表者1】
内田祥士(東洋大学教授・建築家)
「三菱一号館──その解体と再現の背景を考える」

【発表者2】
頴原澄子(九州産業大学講師)
「『原爆ドーム』をまもってきたもの」

【コメンテーター】
田中純(東京大学教授|UTCP)

【司会者】
小澤京子(UTCP)

以下のページからフライヤーをダウンロードしていただけます
⇒ http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/blog/2010-11-10-architecture-conservation-symposium-flyer.pdf