Index+Summary | 目次+サマリー

vol.0 エステティクスの臨界 CRITICAL AESTHETICS

マッシモ・カッチャーリ・インタヴュー「必要なものから自由であること──家なし(a-oikos)の形而上学」|インタヴュー/訳=阿部真弓 2006年07月26日

ヴェネツィア、港、この意地悪な天使たちの窓

「必要なものから自由であること──家なし(a-oikos)の形而上学」|阿部真弓

フィリップ・ソレルスの『ヴェニス──愛の辞典』(Plon、2004)のページを捲ろう。フリードリッヒ・ニーチェで終わる「N」の項目と、アンリ・ド・レニエから始まる「R」の項目に挟まれた「P」の項目に、5つの名が収められている。Palais ducal(ヴェネツィア、サン・マルコ広場に位置する「総督宮殿」)、Palladio(16世紀の建築家、アンドレア・パラディーオ)、Pleynet Marcelin(20世紀フランスの美術評論家、マルスラン・プレイネ)、Pound Ezra(ヴェニスに没した詩人、エズラ・パウンド)、Proust Marcel(小説家、マルセル・プルースト、1899年と1900年の2度に渡って、ヴェネツィアを旅した)。『ヴェニスの祝祭』の著者ソレルス曰く、「プルーストの人生と『失われた時を求めて』のすべての道は、ヴェニスへと至る。このようにセレニッシマは、この言葉でできたモニュメントの主要人物なのである。幼年期とは真の時間であり、数々の情熱とは失われた時の必要な経験であり、ヴェニスとは見出された時である。小説のタイトルは『真のヴェニスを求めて』でありえたかもしれない」(『辞典』より)。

電子辞書や小さな「窓」の中に、人名から歴史もイメージをも探ることが可能な時代に、ヴェネツィア日誌や「イタリア紀行」に限らず、旅行記やありとあらゆる「回想」の類を紐解き、といって誰かに伝えることなく、暫しただ読むことを悦びにしようとするとしたら、さまざまな「名」が、他者の時間と記憶の中で得る意味の密かなweb、つまり、他なる逆転と認知、圧縮、再生等々のうちに「生きられた」過程を知りたくて、であるだろう。それは、いまという「時」のうちに、再びであれ初めてであれ、わたくしたち自身が、それらの名や場所を見出すまでの「刹那」である、あるいは「想起」の瞬間を迂回しつつ待機する、いわば「経験」を前提とした読書の時間である。逆説的にそれは、記憶を、そして書物たちを待機させておく時間なのだ。
 

阿部──記憶のなかからわれわれに呼びかけてくるものから、いかにして抜け出すことができるのか、という切実な問いであり……

カッチャーリ──過去とは、そこにある何か、われわれの前に、あるいは良くてもわれわれの背後にある何か、として生きられるのであってはならない。過去こそは、われわれなのである。(32─34頁)


しかし、コルク張りの部屋に閉じこもって書き続けていた、20世紀初めのマルセル青年とは、もしかしたら、21世紀的「ひきこもり」的棲まいようの、あるいは、絶え間なく日々「更新」されて、室内の「窓」から別の室内の「窓」へと届くblogやmailとその生態圏を先駆けるものであったかもしれない、などという気がしてくるのは、何故だろう。わたくしたちによって生きられる「必要なもの」が、いずれの時かには、記されたがるものらしいこと、あるいは「イメージ」として姿を留めようと強く望むものらしい、ということには変わりはないのだが、そうしたイメージや言葉、「視覚的なもの」やそれら諸々の副産物は、今やこうして必ずと言っていいほど、この小さな「窓」に届くもの、しばしば待機をも経ずに届くものらしい。ならば、わたくしたちの時代の「経験」はこれから、いったいどこに「印」される、しばしばかくも慌てて、つかの間も失われることなくいかにして再び、見出されようとしているのだろう? 


カッチャーリ──こういうわけで、ここでは、ヴェネツィアのこうした次元のすべてが、再発見されるべきである。そうです、あたかもプルーストを驚かせたものを「再び見出す」ようにして、再発見されなければならない。(61頁)


1944年に、哲学者マッシモ・カッチャーリが生まれ、2005年の春から、現在新たに3度目の市長職を務める、イタリアの都市ヴェネツィアは、島であり港であり、陸地の工業地帯メストレと連繋し、観光客や貿易の貨物とともに、時間や過去が、さまざまな名が届く特権的な土地であり、と同時に、人々が多くの「必要なもの」をこそ失うようにと企図された、歴史的に、放蕩のための水辺の都市である。きわめて自明なこととは、そこでは失うことが可能である、ということではなかったか。


阿部──「意地悪な天使都市(アンジェロポリ)」という語も、よく使われますね。

カッチャーリ──天使たちは、至る処で、瞬間的に移動する。それでいて、彼らは常に平穏で、落ち着いて、静かである。これが「意地悪な天使都市(アンジェロポリ)」、つまり、都市の「悪い」イデアです。都市は、むしろこれとは反対に、それ自体の諸矛盾を組織できるのでなくてはならない。(63頁)


果たして、毎日前にするこの「窓」、「潜在的」ノマドたちが、仮面をかぶって行き来interする窓=顔faceもまた、「港」であり、見知らぬものがふと漂流して着く、小さな「島」であるだろうか? つまり、ここで、この「なかIn」で、「必要なもの」を求めたり、真に失ったりすることは、いったい可能なのだろうか? ここに距離は存在するのか? ここには、この「奥」の海には、空ろな「間」しかないのか(それともこれは、ただのTransit)? 万の名に、万物に、万事へと向かって開かれたかのようである、この「窓」が、失われた「必要なもの」が見出される場所、あるいは「見出される時」そのものになる、そんな「意地悪な天使」の時は、来るのだろうか、すでに来ているのだろうか。「必要なもの」とは、かつてないほど、ここで交わされる言葉そのものとなっているのだろうか。万が一「ここ」に、わたくしたちや子供たちの「幼年期」までもが、「見出され」ようとしているとしたら、それは大変なこと、であるように思われる。だがそれもまた楽しい危機となるのかどうか。


カッチャーリ──幼年期は、諸事物とわたしたちとの関係のなかに、常に住んでいるのです。そうではないでしょうか? (…中略…)しかし言説もまた、そうであるがままの無媒介性を欲している。それは無媒介性から、あるいはそう呼びたいのであれば、幼年期から、生成されるのです。(042頁)


0号に掲載のインタヴュー「必要なものから自由であること──家なし(a-oikos)の形而上学」は、2005年のヴェネツィアで行なわれたダイアローグである。対話の構成を、digital録音に収められた「声」から起こして、ほぼそのままに記録し翻訳した。多様な問い、謎、知へと誘われる「好奇心」に導かれるがまま、カッチャーリ氏の数多くの著作、1960年代のルカーチをめぐるエッセーから始まって、『スタインホーフより』『法のイコン』『群島』、2004年の大著『究極のものについて』に至るまでを、聞き手の関心に重心をおいて偏向しつつ「通過」しゆく遣り取りとなっている。


阿部──大文字で記されるこの「ここ(Qui)」とは、一体何なのでしょうか?(40頁)


インタヴューは、2005年の7月と11月の2度に渡って行なわれた。2つの対話のいずれもが、「必要なもの」とわれわれの「自由」との「類推的」関係、という根源的なテーマ──「必要なもの」とはたとえば、「幼年期」であり、「愛」であり、「家Casa/Oikos」であり、時にはまさしくOikonomia/Economyそのものであり、わたくしたちが「無媒介的」に享受するほかないもの、そして、わたくしたちが「媒介」=「言語」のうちに運びこもうと、常に試みることになる「ものCosa」──の周りを廻りつづけている。カッチャーリが、彼の永遠の「アルケー」であるほかない「過去」へ、「はじまり」へと遡行しつつ、何を問題として思考し続けてきたのか、掴もうとした営みを、断片的に示す記録であると言えるだろうか。無償のものであるべき「歓待」の間に、他者であり異国人であるその人とinter眦を向き合わせてview行なわれた、長い問いの時間から成り、短くはない応答を収めたテクストである。対話が真に生起した「場所」をいくらかでも再現しようと、編集の飯尾次郎氏と選んだ、十数点のイメージとともに、紙上に「形式」を見出す。


阿部──そう、ベンヤミンの「弁証法的イメージ」という語を、どのように解釈されていますか。

カッチャーリ──そう、「歴史哲学テーゼ」(1940)のなかで、ベンヤミンは、彼の弁証法を想像することを試みています。(58─59頁)


さて、一連の問いと応答そのものは、インタヴュー・ページに収められており、紙に触れて読んでいただければ幸いである。ここでは、2002年のカッチャーリ氏来日が、2000年の州知事選落選によってもたらされた「幸運」であったという奇妙な(すでに歴史的な)経緯と、東京大学の田中純氏の非常な実現力において可能となったものであったことを、あらためて思い出しておきたい。そして、2002年から2005年の間には、2005年春にヴェネツィア(桂離宮とタウトについて)とコモ(テラーニのダンテウムについて)で講演された折りに、 ルイージ・ノーノ家でのカッチャーリとの最初の出会いについて語って下さった磯崎新氏、大阪、ボローニャ、フィレンツエでお話をうかがうことが叶った岡田温司先生らと浅田彰氏との歓談、ヴェネツィアの街の人々、ヴェネツィア建築大学において現在も「タフーリ・スクール」で学ぶ若き建築史家の友人たちとの議論、母・与謝野文子との日々の会話など、記録された「西欧との対話」のこちら側には、記録されぬ無数の必要な対話の常にあったことも付記しておこう。

文庫本よりもやや大きいサイズで、チョコレート箱のような形をした紙の媒体となる新雑誌『SITE ZERO/ZERO SITE』が、対話を恐れず、好奇心に満ちてイデアを想像する同時代の人々にとって、「必要なもの」となることを願う。このSiteは、果たして「ここ」は、優しい天使たちが棲み、必要なる友情が、必要であるがゆえ、それを失ったり忘れたり、つまり、それら「から自由になる」ことをも許すような「場」となりえるのだろうか。

[フィレンツェ、2006年7月1日]


ページの先頭へ