Index+Summary | 目次+サマリー

vol.0 エステティクスの臨界 CRITICAL AESTHETICS

『SITE ZERO/ZERO SITE』アンケート──批評と理論の現在 2006年07月26日

『SITE ZERO/ZERO SITE』No.0では、人文知の現在を探るため、国内外の批評家、思想家たちに対するアンケートやインタヴューを行ない、以下の方々にご回答をいただきました。


[質問]
❶あなたは「知識人」とその役割をどのように定義するか。その定義に基づくと、あなた自身は知識人だろうか。
❷現代において、知識人が取り組むべき最大の課題とは何か(「知識人」は「思想家」「理論家」「哲学者」「批評家」と言い換えてもかまわない)。
❸「❷」で答えた課題に関して、雑誌などのメディアが果たす役割について、あなたはどう考えるか。
❹あなたが注目している同時代の思想家、批評家、哲学者、アーティスト、あるいはメディアは誰(何)だろうか。それぞれのどんな点が評価されるのか。


磯崎新[建築家]
河本英夫[システム論/科学論]
赤間啓之[哲学]
十川幸司[精神分析/精神科医]
巽孝之[アメリカ文学]
山内志朗[哲学]
アレクサンダー・ガルシア・デュットマン Alexander García Düttmann[哲学]
フリードリヒ・キットラー Friedrich Kittler[メディア哲学]
アレクサンダー・クルーゲ Alexander Kluge[映画監督]
トーマス・シェスタク Thomas Schestag[比較文学]


詳しくは本書をご覧ください。


ページの先頭へ