Index+Summary | 目次+サマリー

[社会]ゲオルク・トレメル/訳=篠儀直子|システムバイオ社会学 2008年10月15日

本論冒頭見開きをpdfにてご覧いただけます。pdf.gif


ゲオルク・トレメル│Georg Tremmel
戦略的アート介入を通じ、アートとバイオテクノロジー、社会の関係を探究しているオーストリアのアーティスト、研究者。ウィーンの実用芸術大学でメディア・アートの学位を、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オヴ・アートでインタラクション・デザインの学位を取得した。2003年から、アーティストの福原志保とともにアート&サイエンス・プロジェクトに取り組む。

篠儀直子│Naoko Shinogi
表象文化論、アメリカ史。東京大学非常勤講師など。訳書=フレッド・アステア『フレッド・アステア自伝』、ジョン・アンダーソン『エドワード・ヤン』など。共訳書=トム・ルッツ『働かない』『Anything』など。


ページの先頭へ